読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Up&Down Slow Fast

透き通る季節。6月中旬から蝉が鳴き始め、7月、8月と過ぎ、月をまたいで9月になった瞬間、彼らの鳴き声を聴かなくなりました。季節は人生のように刹那的に流れていきますね。そして、先日の台風が秋を連れてきました。


今年はオリンピックで世間は楽しそうでした。そしてSNS中毒の僕は、知人の近況をたくさん見ました。大抵の人は、色々ありそうながらも、元気に過ごしていることを知りました。楽しそうで何よりだと思いました。

しかしそれらを見た時に、僕自身は近況を報告をする気力や、そのように誰かに知ってほしい承認欲求、自己表現欲求がなくなりつつあり、精神的にあまり元気がないことに気がつきました。8月後半、よく考えるとテレビもろくろく見ておらず、オリンピックも気がついたら終わっていました。ツイッターもあまり更新しませんでした。

特にこの夏は、なぜか他人に否定的で、誰にも会わず一人でいたいことが多々ありました。でも人に会いたい気持ちも少しありました。矛盾した気持ちの中での葛藤です。他人と遊ぶ際に、会うことの義務感みたいな感情を抱くこともあり、申し訳ない気持ちになったりしました。


それでもこの夏出会った人から、その折ごと優しさを感じました。偶然出先で友人と会った時も、人に会いたくないと思いつつなんだか元気が出ました。最近はその嬉しい気持ちを素直に認めることで、生きている実感を得られていると思います。元気な時は自分から誰かに連絡を取ったりして、元気な自分を褒めたりしました。

友達と遊ぶ時の楽しみ方は2種類あると、僕は思います。一つ目は、食事、景色、過去の思い出などを共有する楽しみ方。二つ目は、議論めいたことをして、真面目にお互い良い意味でぶつかりあう楽しみ方です。僕は両方楽しめる間柄が、良い関係だと思います。

僕は基本的に人が好きな方です。神社に行くと、関わったことのある人の顔をできる限り浮かべて、みんな元気でいて欲しいなと祈ったりします。今年何曲か曲作りをしましたが、全部「まあ結局みんな好きだぜ!」みたいな曲しか作っていません。

最近は少しずつ元気が出てきました。また色んな人に会いたいなと思います。ハゼの天ぷらでも肴にして、日本酒を適量飲みながら食事や思い出を共有して楽しんだり、程よく真面目な話をしたいです。


どうも、ありがとう、ここにいない人へ。どうも、ありがとう、今日も、ここにいる人へ。

中村一義 / ロックンロール」