4771.4(死なないよ)Tシャツ


「Tシャツを作った経緯」

Tシャツを作ろうと思ったのは完全に思いつきでした。ただ、最近、ときめくTシャツが無いなとはずっと思っていました。そこで、どうせならあまり出回ってないようなデザインのTシャツを作りたくなりました。


「47714というロゴにした経緯」

考えてみて、パッと思いついたのが数字ロゴのTシャツでした。数字がプリントされたTシャツは、軽く検索した限りスポーツのユニフォーム的なものしかなかったと思います。ならsupremeやMARVELのような、オシャレな数字ロゴのTシャツを作ろうと決心しました。


数字のTシャツを作るなら語呂合わせがいいと思いました。ポケベルで数字の語呂合わせが流行って、30.40代の人にも意味が伝わりやすいと思ったし、数字ロゴのTシャツは、若い僕らに取っても新鮮だと思ったからです。最初に浮かんだのがこの「47714(死なないよ)」でした。


現代の日本の世の中は、生きている実感を得にくい社会だと思います。普通に健康に生きいれば、餓死することはまずないでしょう。縄文時代みたいに狩りをしなくていいし、命が危険にさらされる可能性は相当低いです。

生きる安全が確保されたら、今度は承認欲求を満たしたくなるのが世の常です。何もしなくても生きていけるし、だからこそ、周りに自分はここにいるというアピールをしたくなるものでしょう。もちろん、これは僕も完全にそうです。だからこそ、SNSが流行るんだと思います。

なので、SNSに何かの投稿をして、反応をもらって生きている実感を得なくても、生きているだけで尊いんだよ=俺はここにいるよ、簡単には死なないよ、という思いを込めて、47714で服を作ろうと考えました。



「デザインの意味」

最初の4は「死なないよ」の「死」なので、ちょっとトゲトゲしいデザインにしました。あとは赤色を使うことで、赤の持つ元気なイメージで主張を激しくしたかったのと同時に、多少血のイメージも含めようと思いました。

死なないよの「よ」も4です。こちらはトゲトゲをとった、普通の4にしました。4には安定の意味もあるので、トゲトゲをなくし、死の反対を表そうとしました。

後は「死の4」と「よの4」で、色を赤と青にして、生と死のコントラストを表現しました。


残りの771ですが、最初の7は左端が欠けています。その欠けた点が、1の横にあります。なので、「7」「7」「1、」と分かれて、最後の「1、」はパーツ的に7とほぼ同じになると考えています。そうすると777で7が3つ、ラッキーセブンです。なので、ラッキーセブンのように生きているだけで大当たりだよ、という意味を込めました。また、7のフォントが、2つとも上部が欠けておうぎ形のようになっています。これは、手前の4とバランスをとる役割もありますが、つり橋をイメージしています。ラッキーセブンはスロットでは取りにくいし、運良くラッキーセブンが出たぞ、この地球上に生まれたことがそもそも運が良いぞ、ということを表そうとしました。


色合いなどは、色相を参考になどしています。ご意見ご感想があればお聞かせください。